くすみ対策3

くすみ対策【食生活】

食生活を正す事によってくすみの発生を抑える事が出来るみたいです。食生活は全ての源と言っても良いでしょう。身体のバランスを整えてくれますし、肌にとっても栄養源になります。

 

ですからくすみ対策としてはバランスが良い食生活をする事が必要となるのです。くすみが無いキレイな肌を作る為には、身体を冷やす様な食品は摂らない様にする事が大切となります。ニンニクや味噌等はその代表例ですね。

 

くすみは血行不良が原因と言われていますが、それが低体温から来ていると考えられています。ですから果物や生野菜と言う様な体温を下げる様な食べ物は控える様にして、身体を温める様な食べ物で、栄養分もビタミンB 群、C、E と言う栄養が含まれている食べ物を食べる様にしましょう。

 

また香辛料を上手に取り入れると良いですよ。冬の時期だとお鍋なんて最高ですね。血行不良が原因でくすみとなる場合は、顔色が不健康な感じになりがちです。その上せっかく摂った栄養分が充分に身体のすみずみまで行き渡らなくなる場合が有ります。

 

そうなるとくすみが出てきてしまうのです。ですからくすみ対策としては身体を温めたり、マッサージをしたり、食事で栄養を摂取する事が効果的となるのです。これには鉄分も良いみたいですよ。

 

そして疲れが原因で新陳代謝が低下してきてしまった場合は、ビタミンB1を摂取して疲労物質を取り除く様にする事が結果的にくすみ対策に効果的みたいですので是非試してみてはいかがでしょうか。

 

 

くすみ対策3

くすみ対策【睡眠】

しっかりと眠る事、これはくすみ対策としてはもちろんの事、肌や身体等全体を正常な状態にする為に必要な事になります。

 

お肌は睡眠中に作られています。その為眠る事で新陳代謝を高める事ができ、肌を新しい状態に生成してくれるのです。「ターンオーバー」と言う言葉を聞いた事が有るでしょうか。

 

これは肌が定期的に生まれ変わる周期の事を指しています。通常肌は28 日周期によってターンオーバーされているのですが、この時に新しい肌が肌の内側から古い肌を押し出していき、古い肌は垢として身体の外に排出、剥がれ落ちると言う仕組みになっています。

 

この行為は眠っている時に行われると言われています。その為、睡眠不足になるとターンオーバーが出来ない状態が続いてしまい、古い角質が剥がれ落ちないで残ってしまう様になります。

 

その角質がどんどん溜まって硬く厚くなっていき、カサカサと乾燥してきます。そうなるとくすみやたるみ、シミ、ハリ、透明感が肌から失われて行く様になるのです。

 

眠っている間に成長ホルモンが分泌されて新しい肌が生成されます。大体睡眠後3 時間位が熟睡している時間で、この時に成長ホルモンの分泌もピークになる事になります。

 

その後は眠りも浅い状態になりますので、分泌も減ってくる様になります。

 

成長ホルモンは肌にとっても大切な物ですので、その成長ホルモンを充分に分泌させて効果的に働かせてあげる為に睡眠は大切だと言う事になります。

 

よく午後10時?午前2時まではお肌の為に睡眠にとても良い時間帯だと言われていますので、くすみ対策の為に睡眠を充分に取ってあげる様にしましょう。

 

 

くすみ対策3

くすみ対策【マッサージの方法】

顔へのマッサージを行ってくすみ対策を行う場合ですが、肌へ負担がかからない様にマッサージクリーム、または乳液などを使って行う様にしましょう。

 

【マッサージ方法】

1.大きな円を顔の内側から外側に向かって描く様にして、マッサージクリーム等を顔全体に伸ばしていきます。その後、額の真中から外側に向かって、額の真中から鼻筋を伸ばし、まぶたも内側から外側に、頬も円を描く様にして伸ばしていきましょう。

 

2.くすみ対策の為のマッサージは、あごの先端に指を置き、耳に向かって軽く引き上げる様にします。最後に耳の下あたりを指圧します。左右3 回ずつ行いましょう。

 

3.次に高格から耳の下の方に向かってのラインをさっきと同じ様にマッサージしていきます。やはり3 回ずつ行いましょう。

 

4.目の下からこめかみへ、眉毛の上からこめかみへ3 回ずつマッサージして行きます。最後にこめかみで指圧して終了です。

 

 

くすみ対策3

 

何となくこれだけ見ていると難しそうと思ってしまうかもしれませんが、何回かやっている内に慣れてくると思いますので、諦めずに続けていきましょう。マッサージのポイントとしては力を入れないで優しくゆっくり行う事です。

 

強くマッサージしてしまうと肌へ刺激が加わってしまい炎症を起こしてしまう原因になってしまいます。マッサージによりリンパの流れを良くし、顔の血行をよくしますのでくすみ対策にはとても良い方法だと思います。出来れば毎日、週に2〜3 回でも良いので是非行ってみてくださいね。

くすみ対策【毛穴の汚れ】

顔の毛穴に汚れが詰まっていると言う事は、くすみや黒ずみの原因となってしまいます。

 

毛穴には老廃物は詰まっている事が有ります。ここから肌がくすんできたり、ニキビを引き起こしてしまったりするのです。ですから毛穴に詰まった汚れは常にケアしてキレイにしてあげる事が大切となるのです。

 

もしクレンジングをしても毛穴の汚れや黒ずみが気になるなと思ったら、それは毛穴のくすみと言う事かもしれません。この場合は早めに対策をする様にした方が良いと思います。

 

毛穴のくすみと言うのは30 歳を超えたあたりから徐々に目立ってくる様になります。これは加齢や紫外線が原因となって肌のハリが失われる様になったり、弾力が失われる様になってくるからだと言われています。

 

特に小鼻の脇の部分、頬の分の毛穴のくすみは目立ちやすいし、皮膚もたるみやすくなります。たるみが影となってくすみとして現れてくる様になるのです。

 

また毛穴に古い角質、埃、アクネ菌等が溜まってくると、皮脂と混ざり合って酸化してしまい黒ずんで見える様になります。ですから皮脂は放っておかない様にする事が大切なのです。

 

こうした毛穴のくすみ対策はどうすればいいのかと言うと、とにかく肌の乾燥を防ぐ事、キレイにしなくてはいけないからと言って洗顔のし過ぎをしない事等が大切となります。

 

またその他の対策としては保湿をしっかりして皮脂の過剰分泌を抑える事、パックをしたら毛穴を開かせっ放しにしないで引き締める様にする事も有効的です。毛穴のくすみが対策次第で改善して行きますので是非行う様にしましょう。

 

 

くすみ対策3

目の周りのくすみについて

何気なく鏡を見た時に目の周りがくすんできたなと感じる事は結構多いみたいです。くまと間違える人も結構いるみたいですが、くまとくすみはまた違う物になります。

 

但しくまとくすみが重なってしまうとかなり黒い感じになりますので早めの対策をする事が望ましいです。こうした目の周りのくすみは加齢が原因の1 つだと言われています。

 

目の周りのくすみ対策としては、食生活や生活習慣と深いかかわりが有りますのでここから変えていく必要が有るみたいです。

 

ではどういう生活習慣を心がければ目の周りのくすみ対策になるのでしょうか。

 

目の周りのくすみの場合、不規則な睡眠時間、睡眠不足、ストレス、疲れ等が原因だと言われています。またたんぱく質を過剰摂取する事で起こるとも言われています。

 

こうした生活習慣の乱れ、食生活の乱れが原因となり血行不良が起きてしまいます。そうなると目の周りにある毛細血管の循環が悪くなる上に老廃物が排除されないでそのまま滞ってしまいますのでくすみが起きてしまう事になります。

 

東洋医学の観点から言うと目の周りのくすみが病気のサインであると考える事も有ります。ですから体調が優れないなぁと思ったらお医者様に相談してみるのも良いと思います。

 

やっぱり透明感が有る肌と言うのは、身体全体に血液や水分がしっかりと回っている結果だと言って良いと思います。それがしっかりと出来る様に規則正しい生活をして、健康的な食生活をして目の周りのくすみ対策をする様にしましょう。

 

 

くすみ対策3